いつも聞いてる音楽が、ヘッドホンで音が変わる!


ヘッドホンに色んな種類があるのはなぜ?

音楽を楽しむのに便利なヘッドフォンですが色々な種類があります。デザインに拘った物や高額な物まで様々です。でもどうしてここまで様々な種類があるのでしょうか。見た目はほぼ同じですが使用されている素材の違いや密閉式開閉式の違い、再生出来る音域の違いなどでヘッドホンは種類が豊富なのです。特に再生音域は大切で音楽の聞こえが変わる部分でもあります。低い音域を再生できないとベースやバスドラムの音が聞こえなかったり変な音になってしまいます。また、高音部分が必要以上に再生できるヘッドホンでは耳が疲れてしまいます。外で聞きたいのならイヤホンが手軽ではありますがヘッドホンだと大きいものの再生してくれる音域はイヤホン以上に広く迫力も出ます。

高額なヘッドホンならどれでも良いとは限らない

音楽の聞こえ方を変えるのはヘッドホンのスゴイところでもあり魅力です。ただ、1万円以上の高額なヘッドホンになるとプロ仕様の物が多いです。こうしたヘッドホンはモニタリングヘッドホンと呼ばれ作曲者らが楽曲制作の為に使用するのです。そのため一般的な視聴用のヘッドホンよりも再生音域が広く音を正確に再現できるので聞こえ方も良いです。一見良さそうに思えるかも知れませんが、楽曲制作用に作られているので粗探しが出来るように視聴には不要なくらい高い音まで再現可能な事があります。また、低音を強調するといった味付けが無い音を再現するので視聴用として使った時に物足りなさを感じる事もありえます。更にはモニタリングヘッドホンでもメーカー毎にクオリティが違うので注意が必要です。

古くなり不用になったオーディオの買取は音楽関連の買取りを強化している専門店を利用しましょう。専門店なら高く買い取ってくれる可能性が高いです。