新幹線かバスが選べるスキーツアーの魅力やお得感


新幹線とバスの移動について

スキーツアーは、例年では11月下旬か12月上旬に始まる事が多く、都心からは新幹線かツアーバスで向かう事が出来ます。新幹線は、事前に郵送で切符を自宅まで配達してもらう事が可能で、都内出発のツアー切符は東京駅または上野駅~スキー場最寄り駅の往復となっています。東京都区内のJR駅が最寄り駅の場合は、そのまま乗車券として改札を通す事が出来ますが、23区外が最寄り駅の場合は追加運賃を支払う必要があるので注意しましょう。新幹線を使うメリットとしては、朝出発であっても移動が迅速で到着が早い点が挙げられます(バスよりはややツアー代金が高くなります)。バスは深夜発か早朝発から選ぶ事が可能で、9時前後のオープンから滑りたい場合は深夜発にしておく事がおすすめです。移動中に仮眠を長時間できる・乗り換えなしでスキー場に行ける点がメリットです。

どんな魅力やお得感があるのか

スキーツアーの最大の魅力と言えば、リフト券と交通手段がセットになった商品が非常にお得になっている事ですが、それ以外にもツアー特典として各種レンタルが割安になっている点にも注目する事が出来ます。レンタルはシンプルなデザインのウェア・スキーセットが一般的でしたが、最近では若者に利用してもらうための工夫として、女性向けのカラフル且つかわいいウェアや有名ブランド製品を借りられるサービスが増えています。レンタルを利用する際に心配なのが汚損や破損ですが、ツアー申込時に保険に加入しておく事も出来るので、心配な場合は加入しておくと安心するでしょう。

スキーツアーに初めて参加する初心者におすすめのスキー場はファミリータイプであり、10度前後の斜度で練習をする事が出来ます。