マイクロバスと小型バスはどちらがいい?見積後の予約の時期に注意!!


マイクロバスにするか小型バスにするか

一定の人数での移動をするとき、貸切バスを使うと効率的に動けます。レンタカーだと運転手を自前で用意しないといけませんが、貸切バスなら運転手も含めた料金になっています。レンタカーよりも高くはなるものの、使い勝手は良くなります。この時、人数が20名までなら、あるバスが選択肢として出てきます。それは小型バスとマイクロバスです。名称は違えど、それぞれ定員は同じくらいです。料金は小型バスが少し高めになります。違いとしては、小型バスはそれなりにゆったりした座席になります。さらにトランクルームがあり、荷物をたくさん載せられます。マイクロバスは車高などが低く、シート幅も狭いです。トランクがないので荷物は多く積み込めません。

見積もりと予約はできるだけ近づける

貸切バスを利用するとき、必ずと言っていいほど見積もりを取ります。レンタカーだと何日、何時間、さらに車種などで料金が決まります。貸切バスは、いろいろな変動要素があり、同じバス、同じ日程の利用でも借り手によって料金が変わる可能性があります。見積もりを取れば、その利用でどれくらいかかるのかが分かります。注意としては、見積もりを取った時点と実際に予約をした時では金額に差が出るかもしれません。見積書には、この金額が適用される日数が書かれています。その間に予約をしないと見積額が変わります。早めに予約をすれば安くなるところが多いので、見積書をもらったらできるだけ早く確認をしましょう。見積もりの有効期限までに予約を完了しましょう。

グループ旅行で使う交通機関の一つに、貸切バスがあります。専用空間で移動できるので、周りを気にすることなく移動時間も楽しむことができます。